« ちょこの手術 | トップページ | 至福 »

2007年7月27日 (金)

Wの悲劇

Willが発作を起こしていた。                                                 それはたまたま気づいたけれど、ひょっとしたら気付かなかったかもしれない。

階段の上がり口で発作していたところを発見。

危ないっ!!                                                            階段から落ちるかもっ!!                                                    慌ててWillを階段付近から離そうとした。が、Willは唸り、歯をむいた。                                                          私の手から逃げようとしたその瞬間、                                                Willは手足が硬直して体を揺らせながら、そのままの体勢で、                                  ダダダダダダダダ・・階段から滑落!!

ギャ~~ッ、Will~~~!!

オソルオソル覗くと、階段の下の方(少し広めの段)で、発作はまだ続いている。                                 でも、その場所でも転げ落ちそう。                                                                                 「Will、お座りしよ」という言葉が通じ、お座りして発作が治まるのを待った。                                                   え?怪我はない?どこか打った?発作はまだ落ち着かない?

5分くらい?それはとても長く感じた。                                              2階になかなか上がって来ないので、おやつで誘ってみるとやっとこちらに来た。                                                 どうやら、骨折はしていないみたい。

でも、クレートに入ると、目を細めながら、時々身震いをしてる。                                大丈夫?いつもなら、すぐに前のWillに戻るのに。。                                       しばらく経って、ようやくいつものWillに戻り、とっても一息つけた。

でも前回の発作からまだ3週間程しか経ってない。ちょっと心配。                                           それから、階段のゲートは、もうWillも上手に開けてしまう。ここは考えなければ。                                             「発作中、ワンと飼い主の安全は保たなければならない」と言われたが、こんな危険を秘めていたとは。。

とにかく、怪我がなくて良かった。こんな恐ろしい目には、もう遭いたくない。                                                     かなりやんちゃなWillだけど、元気で居てくれるって、なんて幸せなことなんだろう。

いつものことながら、こういう事件が起こる時、いつもウィルネロパパは不在。

帰ってきてから、その時の恐ろしい話をしても、その怖さが伝わらないような・・。話下手とヒョウヒョウでは、仕方ないのかも。「とにかく、Willが大変だったんだってぇ」

|

« ちょこの手術 | トップページ | 至福 »

コメント

ウィルネロママさんこんにちわ。
いつもとっても楽しみにのぞかせてもらってます。

今回のウィルくんの発作、階段のところで起きてしまうなんてとても心配ですね。でも幸いにも怪我をしていなくてよかったですね。
いつもミルクの発作とウィル君の発作は同じような時期に起きているんですよ。
ミルクも6月21日にとても大きな発作をおこしてしまいました。そして7月26日にも。
この暑くなっていく時期というのは発作が起きやすいのかもしれませんね。

発作が起きているときも、頭や体をぶつけたりしないように毛布にくるんであげることくらいしか出来ません。

本当に元気でいてくれることがどれだけ幸せな事かと・・・悩みは尽きませんが、がんばりましょうね。

それからお願いがあるのですが・・・
私は悲しい機械オンチで随分前にすべてのデーター(もちろんウィルネロママさんのアドレスも)が消えてしまいました。
迷惑でなかったらもう一度アドレスを送ってはいただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

投稿: ミルクココアクッキー | 2007年7月27日 (金) 17時56分

ウィロネロママ、日記読んで、びっくりしました・・
階段のところでの発作は怖かったよね。
Willも不安で怖かっただろうね・・
でも、骨折してなくてよかった・・・
原因がはっきりして、発作が続かないことを祈ってる。
何か、Willに合う最良の治療を先生が
見つけてくれることを願ってます。

投稿: かよたん | 2007年7月27日 (金) 19時13分

will君、心配だったねーーーーーーー
落ちちゃって、、、よかった。怪我が無くて本当に。
階段から落ちちゃって、しばらく痛かったんだべね。
パパさんが帰ってきたときは元気復活してたんだね~。エライなーwill君。すぐに元気になって^^♪
元のwillに戻ってくれてよかったょぅ。

投稿: yoppi | 2007年7月27日 (金) 20時08分

わ~~大変だったね~
階段でなったらそりゃぁ大変なことになるよね~
でも骨折しなくてよかった!
すぐに元通りにならなかったのは、階段から落ちたときの痛みとショックがあったんだろうね。かわいそうに・・涙

ヒョウヒョウとしていても我が子のことを心配する気持ちはみんな誰もいっしょだよ。


投稿: みかりんごママ | 2007年7月27日 (金) 21時44分

あわわ~~ウィル君大変な事になってたのね!
これは帰ってからの出来事??
作は心配だし、怖かったろうケド、怪我がなくて本当に良かったよ。
こういう危険もあるんだね。発作なんていつどこであるか分かんないもんね…

投稿: toto | 2007年7月27日 (金) 22時40分

ミルクココアクッキーさんへ

この発作、26日ですよ!全く同じ日に発作だなんて、なんて不思議な!!ミルク君の発作は、大丈夫でした?
毛布で体を包む、そんな事考えもしなかったです。いつも見守るだけで。頭をぶつけそうになったり、ベッドから落ちちゃうことはあったから、今度、そうしてみよう。
できる限りのことをしてあげたいですね。一緒に頑張っている、兄弟の存在がとても心強いです。頑張りましょうね!
メール、了解しました~。


かよたんさんへ

吃驚な出来事でしたよ~。。てんかんを、近くの病院で診てもらおうか、今までのとこで相談しようか、って迷ってます。
発作は、こちらの指示が通っているということは、階段から落ちた事や、発作で体が言う事利かないってWill自身も分かってるんですよね、きっと。もう、こんな思いはさせたくないです。こちらが防げることはしてあげたいです。私も気をつけなければ。。


yoppiさんへ

しばらく、ぐったりしていたWillだけど、ウィルネロパパが帰ってきてから、復活したような感じなんですよ~。やっぱりパパも居てくれた方が、安心するのかなって思います。Willはパパっこですから。
今はとっても元気です~!心配おかけしました~。ありがとう。


みーママへ

今回ばかりは、ショック、大きかったかもです。。その後、いつものおやつに釣られるWillに戻ってくれました~。
いつ、どこで起こるのか分からないから、Willの安全を確保してあげることが、私がやってあげなきゃいけないことだって、痛感でした~。
ヒョウヒョウでも人の子ですものね。


totoさんへ

発作は昨日の出来事。階段から落ちた時は、やっぱりトト君のことがよぎってしまったよ~。トト君もなんとかツライ時期を乗り越えて、頑張ったもんね。Willもそういう危険性はあるって思ったよ。Neroもだけどね。何かあってはいけないけど、防げないこともあるかもしれないもんね。そういう場を設けないようにしなきゃと思ったよ。

投稿: ウィルネロママ | 2007年7月27日 (金) 23時12分

本当に読んでてビックリしました。間近で見ていたママさんは本当に怖かったでしょうね。
怪我が無くて本当に何よりでした。階段、怖いですよね。日頃から怖いのに発作の時は本当に怖かったですね。
Willくん発作も間開いてなかったようですが、この暑さともなにか関係があるのですかね。心配です。
本人が一番恐怖だったでしょうね。Willくん怖がらないといいですけど。

投稿: バニクレパパ | 2007年7月28日 (土) 21時38分

バニクレパパへ

そう、ただでさえ階段って怖いのに。Willも階段は怖いと認識してくれればって思いましたよ~。暑さと関係してるのか、薬が関係てるのか、よく分かりません。今度相談してみようと思います。
とにかく怖かったです~。もうこんな目に遭わせないように気をつけたいです~。。

投稿: ウィルネロママ | 2007年7月28日 (土) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Wの悲劇:

« ちょこの手術 | トップページ | 至福 »