« 屋外練習 | トップページ | 日常 »

2007年1月22日 (月)

ちぇりー、ごめんね。

Img_6551_1 ちぇりーが交通事故で逝った。

あんなにちぇりー父母のことを慕い、帰りをずーっと待っていたちぇりー。ちぇりー母には特にべったりで、いつも抱っこしてもらって。

13歳で、目が濁り、耳も随分遠く、帰ってきても気付かないほど。

夕方の散歩中、車にぶつかったという。実はいつもノーリードで散歩。確かに遠くまで行かないし、人やワンにも危害を与えない。けど、私が一度だけ頼まれた散歩は、それでも心配で、リードを付けたことがあったっけ。

もっと私やウィルネロパパが、リードの必要性を伝えていたらこんな事故には遭わなかったかもしれない。けど、事故ってやっぱり想定していない時に起こる。

散歩に連れて行ったちぇりー父もきっと自分を責めている。ちょっと留守にしてしまったちぇりー母も。

いつもは行った事がないのに、昨日は何故か車の通りが激しい道路を突っ切って行ってしまったんだとか。そして、急に戻ろうとして・・。

すぐに救急動物病院へ連れて行った。外傷は全くないようだった。けど、肋骨を骨折、ストレスとショックで血糖値と肝臓の値が極度に上がってしまっていた。

入院することになったが、まだはっきりしてるように見えた。その時は。

ちぇりー母もその後、面会に。尻尾を振ったらしい。先生に「尻尾を振るっていうことは大事なこと」って言われたって。

事故から5時間ほどした時、電話が鳴った。ちぇりーが逝った知らせ。

人間だって車に轢かれるって大変なことなのに、あんなちっちゃなちぇりーなんて、とってもとっても痛かったろうに。怖かったろうに。ごめんね、ごめんね。

ちぇりー母は私たち以上に、ひどくショックを受けている。13歳になって、初めてちぇりー父母と3にんで旅行。最期に思い出ができたのが救いとなったかもしれない。

ちぇりー、生まれ変わっても、幸せになってね。

|

« 屋外練習 | トップページ | 日常 »

コメント

ええーーーっ!!びっくりです。。。
あのとっても可愛いチェリーちゃんが…
お父さんお母さん、それはかなりショックでしょうね。
事故となると、突然の事だし。
あの辺りでは、ノーリードではやっぱり危険ですね。
寂しくなってしまいましたね…
でも、沢山愛情受けて暮らせたチェリーちゃんは幸せだったと思います。
ウィルネロママも、早く元気になれるといいね。

投稿: toto | 2007年1月22日 (月) 23時13分

チェリーちゃん、残念でしたね。交通事故、チェリーちゃん痛かったでしょうね。ご冥福をお祈りします。

投稿: フラン | 2007年1月22日 (月) 23時25分

悲しい出来事でしたね。ちぇりーちゃんは最後まで頑張ったんだね。13歳って犬にしたら高齢なのに…
ちぇりーちゃん、お空でゆっくりしてね。

投稿: ジーナママ | 2007年1月23日 (火) 09時26分

心よりチェリーちゃんのご冥福をお祈り致します。
残されたご家族のことをおもうと涙がこみ上げてきます。
皆さんそれぞれにご自分を責めているのではないでしょうか。
もしあの時。。。と。
突然の別れはどんな形であっても悲しく辛いものですよね。
どうかご自分を責めないで下さいね。
チェリーちゃんは幸せだったんですから。

投稿: べるママ | 2007年1月23日 (火) 15時06分

あのちぇりーちゃんが・・・・  
涙がでちゃった。

今までずっと大丈夫だった事も、大丈夫じゃなくなる時ってあるんだよね。わんこだものね。
最近ミイのイタズラも減ってきたし、ジュリーは聞き分けいい方だし、だんだんと私の気持ちもゆるんできてる。
も一度危険箇所を見直してみるよ。ちぇりーちゃんの死を無駄にしないためにも。

ウィルネロママ、元気出してね。

投稿: YUKO | 2007年1月23日 (火) 19時03分

なんて言っていいのか・・・・・・

チェリー父さん、母さんは大丈夫ですか?
きっとご自分を責めてしまってらっしゃいますよね。
でもひどい言い方かもしれないけど、運命だったんだって思うしかないですよね。
チェリー母さんが会いに行かれた時、ちゃんと会えて良かったですよね。

チェリーちゃん、痛かったかな・・・
でも絶対、チェリー父さんの事も母さんの事も恨んだりしてないですよ!!!

チェリーちゃんのご冥福をお祈りします。

ウィルネロママさん、元気だしてくださいね!!
ウィルネロくんがついてます!!!

投稿: レオママ | 2007年1月23日 (火) 20時01分

交通事故などで突然いなくなってしまうのって・・・とても辛いですね
胸が痛みます。
時間がかかると思いますが、ウィルネロ家に笑顔が戻ることをお祈りしていますね・・・

投稿: ロボルカかあさん | 2007年1月23日 (火) 20時07分

ご両親の心痛を思うと何と言葉をかけていいのか。。。

ちぇりーちゃんのご冥福を心よりお祈り致します。

深い悲しみもきっと時間が癒してくれると思います。

どうか、ご自分を責めないで下さいね。

投稿: nonko | 2007年1月23日 (火) 21時43分

つらい想いをされてしまいましたね・・・・
ウィルネロ家の皆さんのお気持ちを思うと、言葉がみつかりません。
お留守だったお母様がお見舞いに行かれたときに、しっぽを振ってくれたとのこと・・・
きっとありがとうって言ってくれたんだと思います。
どうぞ、お辛いでしょうが、みなさんご自分を責めないでくださいね。
13歳まで、大切に育てられたちぇりーちゃんはきっと、幸せだったと思っていますから。
チェリーちゃんのご冥福をお祈りします。。。

投稿: ティアラまま | 2007年1月23日 (火) 21時48分

どうか、みなさんご自分を責めないで下さいね。。
ちぇりーちゃんもきっと、誰も恨んでなんかないと思います。
最後に尻尾を振ったのは、きっとちぇりーちゃんの精一杯の気持ちだったんでしょうね。

ちぇりーちゃんのご冥福を心よりお祈り致します。。

投稿: ちぇるママ | 2007年1月23日 (火) 22時37分

みなさまへ

コメントを下さって、そして読んでいただいて、どうもありがとうございます。
そんなことはないと思いますが、同じ過ちを繰り返さないであげてくださいね。私もウィルネロと、いつかはそんな日がくるんだけど、大事にしてあげなきゃって、強く強く思いました。後悔のないように。

投稿: ウィルネロママ | 2007年1月23日 (火) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちぇりー、ごめんね。:

« 屋外練習 | トップページ | 日常 »