« ウィルネロコレクション2006秋 | トップページ | 左足 »

2006年9月30日 (土)

ショック

ひどい。ひどすぎる。

命を何だと思っているのか。何度同じことを繰り返すのか。

人間によって、小さな命たちがこんな風に扱われるなんて。こんな勝手なことは絶対許せない。

私も彼らと同じ人間であるなんて。でも同じ人間として、犬たちに酬いらなければ。

|

« ウィルネロコレクション2006秋 | トップページ | 左足 »

コメント

ボランティアに行きたい気持ちだけど、交通費を医療費にしてもらいたいと、来週早々支援金を送るつもり。
レオママは物資を送ったって。

愛護団体に誹謗中傷する人もいるみたいだけど、私は保護する人たちが頑張ることが、動物虐待する人をのさばらせる事になるとは思ってないの。
人を罰する事と、命を保護する事とは別物だと思ってる。
何したって悪いヤツは出てくるからね。

これに便乗して寄付金を募るヤツもいたらしい。
全て犠牲になるのは、弱者なんだよね・・・

投稿: YUKO | 2006年9月30日 (土) 19時58分

YUKOさんへ

私も早速、ウィルネロのお古だけどバリケンと、吸水器、新聞などを送りました。何か少しでもと、役にたつのなら。
>すべて犠牲は弱者
弱者を痛めつけるなんて、絶対あってはならないよね!!

投稿: ウィルネロママ | 2006年9月30日 (土) 21時00分

本当に酷すぎますよね・・・。どうしたらこういう事件がなくなるのか・・・。

うちも明日新聞を送る予定です。タオルやリードなどは今日レオママに渡して、一緒に送ってもらいました。

投稿: フラン | 2006年9月30日 (土) 23時57分

レオママさんBLOGでみて私も悲しく、そして情けなくなっていました。
ささやかだけど寄付することにしました。
同じ人類がしたことだから何とかして償わなくてはね。

投稿: ジーナママ | 2006年10月 1日 (日) 10時30分

フランさんへ

いつも手を差し伸べるフランさんが素晴らしいと思います。こんなひどい事件が、もう2度と起こりませんように。そして、このワンたちにシアワセになってもらいたいですね。


ジーナママへ

同じ人類ということ、ひどいことをしているんだと情けないですよね。ワンたちに申し訳ないです。小さな命でも、愛情を掛けて欲しいし、大事にしてほしいです。

投稿: ウィルネロママ | 2006年10月 1日 (日) 16時45分

本当に悲しい事件ですよね。
なぜこんなひどい仕打ちができるのか、同じ人間として許せないし恥ずかしいです。

先日も淡路島に遊びに行ったのですが、帰りによったサービスエリアにあきらかに飼い主のいないワンが3匹。
1匹は人をおびえるオス犬、1匹はおっぱいの大きなメス犬(かなりやせてました)、1匹はまだ子犬。
おそらく誰かが捨てていき、そこで子供を生んだのでしょう。
お店に入って出てきたらもういなくなっていました。寝床に帰っていったのでしょうか?
保護したくてもできなかった自分の無力に落ち込んでいます。
メス犬はわが家にきた当初のチャオと同じ悲しそうなでも人恋しそうな目をしていました。
子犬の無邪気さが辛かった・・・

投稿: Miyo | 2006年10月 3日 (火) 00時09分

Miyoさんへ

私も2年前かな、淡路島のパーキングに寄ろうとした時、高速道路を逆走している1匹のワンを見ましたよ!救ってあげたかったけれど、高速道路だし、胸を痛めることしかできなかった事を思い出しました!ひょっとしてあのワンかな~。無力に落ち込むという優しいMiyoさん、きっと、Miyoさんのような人ばかりだと、こういう事は起きないんだと思います。そういう気持ちが、誰にでもあれば。

投稿: ウィルネロママ | 2006年10月 3日 (火) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ショック:

« ウィルネロコレクション2006秋 | トップページ | 左足 »